エロゲのセックス描写が大好きだ、オナネタとして。
そんな方も多い事でしょう。
私もプレイしたエロゲのオキニショットやムービーを保存し、ビジネスに多忙な時のオナネタとして愛用しております。
エロゲのオナネタとしての優位性はどこにあるでしょう。
ズバリ、タイミングの取りやすさにつきるでしょう。
AV等の映像オナネタだと、自分のイキたい時に必ずしも発射シーンのタイミングが合うとは限りません。
というか、基本的には映像のセックスシーンに自分のチンコを合わせる場合がほとんどすよね。
そのうえ、イキどころを探ってるうちに、誤ってどーでも良い下手なショートドラマシーンとかで発射しちゃったり、何となくモヤモヤしたまま抜きそこなったりして。
そこをいくと、発射シーンのタイミングについてはエロゲに大きなアドバンテージがあります。
多くの抜き系エロゲは、女の子に愛撫する系の操作と、いよいよの時の発射系の操作が分かれていて、自分が「あ、出る!」となるのに合わせて、画面の中の女の子に顔射したり中出ししたり出来るのです。
2次元の絵自体が苦手・・な人はちょっと厳しいかもですが、私のように「2次元食わず嫌い」から「2次元専」になっちゃうバカチンもいる位なので、ぜひ一度お試しを。
■セックスしたいならコチラのサイト
せっくす.net – セックス出来る相手はセフレ掲示板サイトで…

こんなに彼の一言が、私をイラつかせてそして怒りが頂点に達してしまうなんて予測もつきませんでした。出会い系でメールのやり取りをしている男性がいましたが、なんとなくお互い、直接会うようなことは言わないでいたんです。だらだらとメールだけをつづけて数ヶ月。ある日彼が、「割り切りでどうかな。」とメールしてきました。その瞬間、私の気持ちはすごく沈んでしまったのです。どうして割り切りなのか?せめて浮気といってほしかった・・・「割り切りでいいよね。主婦なんだしさ。子持ちでしょ?若くても子供産んでるから長くは関係が続かないよね。」これってどう思いますか。子供を産んだ主婦って、もう女として何の魅力もないということでしょうか。だからお金をはらってもらってセックスしてもらえればそれで、主婦として満足するんじゃないかって、彼はそう思っているんでしょうか。怒りが徐々に沸いてきてしまいました。実際に会ったことがなかったのですが、顔を知らない彼にたいしてどんどん怒りがこみ上げてきました。不倫snsサイト.bizにいる主婦はそうやって、女としての価値が下がっているのでしょうか。これはすごく寂しいことですし、またそう思っているいるのが、彼だけだとしても主婦に対してあまりにもバカにしすぎています。セックス目的、うまくいけば不倫なんかを期待していた自分が、バカみたいに思えた瞬間でした。

そういえば、彼が私と知り合う前に、どのような婚活をしていたのか知らなかったので、彼に婚活をする経緯などを聞いてみました。
彼にまず婚活をしてきた感想を聞いてみたところ「辛かったとしかいえない」という感想でしたね。
日記でも書きましたが、彼は人見知りをする性格で、女性と交際をしたこともほとんどありませんでした。
付き合ったとしても長く続かなかったそうです。
そのため、友達が「彼女を作るよりも奥さんになってくれる人を探したほうが良いのでは?」といわれたため、婚活を始める(xn--eck7a6c577u8je0lcvwl23t76i.com)ことにしたのだそうです。
そして、結婚相手を見つけるために、結婚相談所を利用するようになったという経緯なのだそうです。
婚活を勧めてくれた友達がいなかったら、彼とは知り合うことはなかったのでしょうね。
それを考えると、人生というのは不思議なものです。
結婚相談所を利用するようになってから、アドバイザーに進められてお見合いをしたり、お見合いパーティーに参加をしたりしていたのだそうですが、
誰かと接することもなく、成果もなく帰宅をしてしまっていたのだそうです。
私とお見合いパーティーで再会をして、話をすることができただけでも、彼からすれば、かなりの成果だったと語っていましたね。
この時に「もし交際をすることができれば、婚活を終わらせることが出来る」なんて考えていたようですね。
もう事後報告ですが、まさかそんな動機だったとは。
それでも結婚をすることができたのですから、私としては結果オーライです。
彼が積極的な性格の場合でも、彼とは知り合うことが出来なかったかもしれないのですから。
もう少ししたら、結婚式本番ですし、それが終わったら、夫婦生活がスタートされます。
なんとなく婚活ブログを書いてきましたが、初めの頃とかなり状況が変わったものです。

都会の場合は特にそうですが、一般的な繁華街のほんのすぐそばに、出会い喫茶やアダルトショップがある場合がありますよね。小さな子どもの親であれば、眉をひそめて我が子を遠ざけることもあるでしょう。
出会い喫茶もアダルトショップも、犯罪を侵さず、きちんとした状態で運営されているものであれば、咎められるものではありません。法律を犯して、他人に迷惑をかけてしまっていれば話は別ですが、利用者が納得した上で、きちんした規律の元に運営されているものであれば、むしろ積極的に利用する人がいてもおかしくないのです。
出会い系サイトもそうです。少し前までの、アングラな印象が付きまとっていて、「出会い系サイトで恋人を探す」というと、なんだか不健全な印象を抱いてしまう人も多いのですが、決してそんなことはありません。そもそも人が他人を求める気持ちに、健全も不健全もないですし…。アダルトな内容だって、利用者同士の合意の上で、禁止されているサイトでなければ、堂々と行っていいものなのです。
しかし、そうは言っても、人間関係というものは重要です。これらに抵抗感を持っている人のすべてが間違っているわけでもないですし、何が悪いわけでもありません。利用していることを恥じる必要はありませんが、TPOをわきまえて、話題に出さない方がいいシーンはあるでしょう。また、この人には利用していることを隠した方がいいと判断するべき場面もありえますから、そこは臨機応変にいきましょうね。